読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀

休日にはカメラを抱え頭を抱え七転八起のお出かけ記

2016年正月旅行 2

お出かけ・旅 神社仏閣・史跡 街角・スナップ

クラブツーリズム「指宿・霧島温泉郷仙巌園・旧集成館の旅」2日目です。



霧島国際ホテルを出発して、まず最初に向かったのが天孫降臨伝説の地、霧島神宮です。



ホテル前から見た霧島温泉の湯けむり。

Dsc_3906



霧島神宮の大階段と三の鳥居です。

Dsc_3910



拝殿とその奥の本殿。

Dsc_3915



Dsc_3925



南九州の杉の祖先と伝えられる御神木。

Dsc_3922





次に向かったのが福山町黒酢です。
試飲もあって半年から5年ものまで飲ませていただきました。大豆を混ぜたものもあって、高コレステロール症に効能があるそうです。
自宅に送ってもらいました。

Dsc_3939



Dsc_3947




次が庭園が見たかった仙巌園です。
ここは島津家の別邸として建てられ、維新後には本邸として使用されていたそうです。
庭園は桜島を築山に、錦江湾を池に見立てて造られているというのですから、何とも雄大な発想です。


今は使われていない正門の屋根。

Dsc_3969



Dsc_3982



楼閣「望嶽楼」越しに見た桜島

Dsc_3977




このあと、薩摩の「かるかん」「さつま揚げ」の工場により買物。
そしてパワースポットで注目されている釜蓋神社に向かいました。

「釜蓋神社」。ずい分変わった名前ですが、釜の蓋を頭にのせて参拝するという珍しい神社です。正式名称は、「射楯兵主(いたてつわものぬし)神社」と言います。この名からもわかるように武運を祈る神様で、戦時中には無事に帰ることを祈って大勢の人が参拝されたそうです。
小さな神社で鳥居から賽銭箱までほんの数メートルですが、途中に階段がありそこを登るのは指南の技です。
落とさずに参拝できたら願いが叶い、落としたらもう一度やり直しだそうですが、私の頭では一日やっても無理だと思います。


Dsc_4048



大きいのは2人用だそうです。

Dsc_4040

大気汚染の影響なのか少しモヤっていました。

Dsc_4056




2日目の観光を終えて、この日は指宿フェニックスホテルに宿泊です。

指宿といえば砂風呂。これを体験しないと指宿に来た甲斐がありません。
15分ほど砂に埋もれていましたが、気持ちのいい汗を掻きました。
バスガイドの「ハマちゃん」の話によると40分も砂の中にいた男性がいたそうです。聞いただけでクラクラしますが、皆さんはあまり無理をなさらないように・・・。


こうして充実した2日目も終わりました。



◆機材 
Df
AF-S NIKKOR28-300mm f/3.5-5.6G