読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀

休日にはカメラを抱え頭を抱え七転八起のお出かけ記

平安色の平等院

平成の大修理が終わり綺麗になったとテレビでしきりに宣伝している宇治に出かました。機材は16-35、70-200にD800、D700です。

午後1時の待ち合わせでしたが、10時に着き恵心院の方へぶらぶらと橋や川縁など被写体になるものを探しながら歩いて行きました。恵心院では残念ながらいろいろな花がすでに終わっていましたが、あれこれ撮っていると気が付けば12時前になっていたので近くの福寿園で朝霧セットをいただき駅まで戻りました。

集合後みんなで平等院へ向かいました。入口には列ができていましたが思ったよりスムーズに入ることが出来ました。藤の花はもう終わったというより今年も咲かなかったらしいです。2年前も咲いていなかったんですから、いつ見られるんでしょうか。鳳凰堂はと見ると想像していたものと少し違っていました。今回の修理は平安の姿に戻すということですが、まず赤でも朱色でもなく茶色なのです。丹土塗装と言う酸化鉄系の顔料らしくまるで錆止め剤を塗ったような色なのですが、平安時代にはこれが極楽浄土の鮮やかさと思われていたのでしょうか???鳳凰堂の後ろ部分はまだ修理中のようですし、開いている扉の内側を見ると以前のままでした。

3時までそれぞれ撮影を楽しんだ後、中の島を通り宇治川を渡って駅まで戻り解散しました。今日は初夏の陽気で日焼けするほどでした。

Dsc_4686

広告を非表示にする