読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀

休日にはカメラを抱え頭を抱え七転八起のお出かけ記

第2回筋めぐり・・・テーマのある旅 1

観光や撮影旅行でいつも利用している、クラブツーリズムテーマのある旅の中の大阪4大ストリートを歩く企画に参加しました。



今回私が参加したなにわ4大ストリート「筋めぐり」シリーズは、御堂筋・堺筋谷町筋松屋町筋を4回に分けて、そのストリートにまつわる色々な歴史を辿りながら、歴史案内人「西俣 稔」さんと一緒に歩くというものです。
ウォーキングと歴史の勉強そのうえ美味しい食事も出来るという、私の欲求をすべて満たしてくれるツアーです。





10時30分に大阪地下鉄堺筋線北浜駅に集合しそこからスタートです。



北出口から地上にでるとすぐ難波橋。さっそく高欄に立つ獅子の象のお話がはじまりました。この獅子の象は左右で「あ」「うん」の表情をしています。製作当時珍しかった天王寺動物園のライオンがモデルという説もあるらしいですが、この橋から16の橋が全部見ることができたから「4×4」16で獅子という説が私的には面白かったです。

Dsc_3791




大阪証券取引所の前の「五代友厚」は、NHKの朝ドラにも登場する人物ですが、明治時代に大阪のというより日本の近代化に大きく貢献した人物です。案内人のお話を聞いていると、現在は東京一極化が進む中、当時は大阪が経済的にも政治的にも日本の重要な拠点であった事が伺われます。

Dsc_3794




漢字って当て字が多いですね。「今橋」と書いて「よしやばし」と読む・・・わけではありません。左が「今橋」で右が「よしやばし」と共有になっているんですね。

Dsc_3799




高麗橋は諸街道の起点になっていたような大阪の中でも重要な場所でした。今でいうところの梅田のような大阪の中心部だったのでしょうか?大阪で最初に鉄橋に架け替えらたのがこの高麗橋です。

Dsc_3802




この平野橋は「大塩平八郎の乱」交戦場所だそうです。この乱で守口の若者の60%が亡くなったというお話は衝撃でした。
二人の裏切り者の為失敗に終わった乱でしたが、幕府への民衆の不満がさらにこの後の倒幕へと繫がっているんでしょうね。

Dsc_3806




淡路町と平野町のこの間が「背割り下水」とも「太閤下水」ともいわれる、そう豊臣秀吉が作った下水道があるそうです。

Dsc_3808




町名の由来などを聞いていると、その歴史の中から生まれた貴重な町の名前が無残に消されてしまったことが改めて残念でなりません。愛着とかいうのではなく、もっと大きなものを行政の手で捨ててしまったような気がします。





このあと南船場にある「堺筋倶楽部」でイタリアンのランチでした。
食事のあとに館内を案内していただき、写真も少し撮りましたので、次回に紹介したいと思います。





◆機材 
Df
AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G