読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀

休日にはカメラを抱え頭を抱え七転八起のお出かけ記

築港赤レンガ倉庫

お出かけ・旅 乗り物 街角・スナップ

大正時代に建築された住友倉庫は十数年前に役割を終え、その後は大阪市によって管理されていました。趣のある施設も老朽化から倉庫は立ち入り禁止になっていたようですが、写真愛好家には知られた場所だったようです。残念ながら私は今日がはじめての撮影になります。

近代遺産の再生をと、今年6月にクラシックカーの展示施設「GLIONミュージアムとしてオープン。
輸入販売会社により改装されて、中にカフェやステーキハウスもありました。
入場料は一般1500円ですが、500円相当のコインが入場券と一緒に貰えます。カフェでのソフトドリンクは一律500円なので実質は「入場料1500円(ドリンク付き)」という事になります。10時から夜の10時まで開館。

倉庫内外にクラシックカーが展示されていますが、外の車は自由に撮影できるのに中の展示車は撮影不可との事でした。結局、私は倉庫内に入らなかったので中がどんな風になっているのかは不明です。とりあえず車好きの人なら一度は行ってみては如何でしょうか。
見るだけでなく乗ることもでき、販売もしているようです。


壁面にあったであろう住友の井桁マークは当然の如く取り外されていましたし、諸々の遺物も整理されてしまっていると思います。私自身はカーマニアではないので、やはり改装前の姿を撮ってみたかったというのが正直な感想です。


ステーキハウスは手軽に入れるという感じではなかったので、カフェでちょこっと休憩。小腹がすいていたので、ローストビーフのサンドイッチとコーヒーを戴いていたら日没になり、少し撮影したあと6時半頃帰路に着きました。




◆機材 
D800
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED


Dsc_1659



Dsc_1678



Dsc_1683



Dsc_1688



Dsc_1689



Dsc_1692



Dsc_1699



Dsc_1707



Dsc_1710



Dsc_1725



Dsc_1742



Dsc_1752



Dsc_1756




広告を非表示にする