シャカリキおばさんのフォト!フォト?日記☀

休日にはカメラを抱え頭を抱え七転八起のお出かけ記

花の文化園

バラの咲き具合をみようと植物園に行ってきました。

入口では気分を弾ませてくれるように、いろいろな花が迎えてくれました。

陽射しも厳しく、ファインダーを覗いていると汗が目に入り、撮影を中断することもしばしば。

肝心のバラは、少し前の季節はずれの寒さもあってか、咲き揃うまでにはもう少しと言った感じでした。

  一日のんびりしようと本も持参で行きましたが、身体がまだ暑さに慣れないのか、2時間ほどで早々に帰途につきました。

 

f:id:safran5374to:20190511222735j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222748j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222759j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222811j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222828j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222843j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222855j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222906j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222917j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222932j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511222945j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511223003j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511223014j:plain

 

 

f:id:safran5374to:20190511223043j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511223116j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511223210j:plain

 

f:id:safran5374to:20190511223220j:plain

 

 

 

 

 

大塚国際美術館

ゴールデンウイークを利用して、徳島県鳴門市にある大塚国際美術館へ日帰りで行ってきました。

行った人に聞くと「よかった」「また行きたい」と言うかなりの好評価が多かったので、今年の大連休の1日を芸術に触れる旅にしました。

入館料は3,240円。

私でも知ってる有名な作品の前はとにかく凄い人だかり。7つのひまわりは押し合い圧し合いだし、フェルメールは長い行列に並ぶのも諦めました。

真正面で撮れてるのもあまりないし、絵だけ撮っても写真的にはどうなんでしょうね。標準ズームレンズ1本だったので広角の欲しい所もありました。

レプリカとはいえ1000点を超える展示品は見応え十分です。5時間を費やしても全てを鑑賞することはできず、もう少し時間があればと後ろ髪を引かれつつ帰らなくてはいけませんでした。

館内にはレストランもいくつかあるので、休憩しながら開館から閉館まで1日いたいくらいです。

写真に撮ってもいい、触ってもいいなんて。

芸術を身近に感じらる空間に、とてもワクワクする楽しい1日でした。

 

システィーナ・ホール

f:id:safran5374to:20190504171438j:plain

 

f:id:safran5374to:20190504171457j:plain

 

マルタン聖堂

f:id:safran5374to:20190504171823j:plain

 

スクロヴェーニ礼拝堂

f:id:safran5374to:20190504171945j:plain

 

ゴヤの黒い部屋

f:id:safran5374to:20190504172234j:plain

 

f:id:safran5374to:20190504172618j:plain

 

f:id:safran5374to:20190504172507j:plain

 

f:id:safran5374to:20190504172801j:plain

 

f:id:safran5374to:20190504172813j:plain

 

f:id:safran5374to:20190504172827j:plain

 

f:id:safran5374to:20190504172847j:plain

 

f:id:safran5374to:20190504172542j:plain

 

f:id:safran5374to:20190504172557j:plain

  

焼失して現存しない幻の「芦屋のひまわり」

f:id:safran5374to:20190504173342j:plain

  

最後に私の好きな「モルトフォンテーヌの思い出」

f:id:safran5374to:20190504173520j:plain

 

 

長谷寺

奈良県桜井市にある長谷寺は西国三十三か所観音霊場の第八番札所として、また「花の御寺」として多くの人が訪れる有名なお寺です。

そのうえ「うましうるわし奈良」キャンペーンでは今まさに長谷寺篇がCM放映の真っ最中。人出を覚悟で出かけて来ました。

あまりに人が混み合ってて、床緑のお決まり写真は撮れるものではありませんでしたが、撮影日和の楽しい連休初日になりました。

 

f:id:safran5374to:20190429170424j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170436j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170447j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170458j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170509j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170531j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170541j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170553j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170604j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170616j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170638j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170650j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170701j:plain

 

f:id:safran5374to:20190429170713j:plain